ピアノの処分に迷った場合の対処法を知っておこう

楽器

近年の傾向

スピーカー

スピーカーの買取サービスは、店舗に直接持ち込む方法が一般的だったのですが、近年はインターネットの普及によってインターネットを活用した買取サービスが増えています。

オーディオ機器の買取

楽器

オーディオ機器も他のものと同じように新品で購入をすると高いため中古で購入をするという人が多くいます。そのためこういったことからオーディオ機器の買取も需要があります。

楽器の買取

演奏する人

ピアノだけでなくサックスなどの金管楽器も買取査定に出すことが出来ますので、何らかの理由で手放さなくてはならなくなったという時には買取査定に出してお金に変えると良いです。

買取と処分

鍵盤

弾かなくなったピアノは不用品回収業者に引き取ってもらうという方も多いと思いますが、回収業者に引き取ってもらうときには、運搬や廃棄処分のための手数料などの費用がかかってしまうので、ピアノを処分したいときにはまずピアノ買取業者に買取を依頼するのがお勧めです。ピアノ買取業者に依頼する大きなメリットは、使わなくなったピアノの処分にかかる費用を大幅に節約できるという点です。業者は家まで出張査定してくれますが、依頼人が業者の提示した価格で売却することを了承した場合には、すぐにトラックで引き取りに来てもらえます。出張査定で値段がついた場合には当然回収費用はかかりませんし、十分に商品価値が見込めるピアノならば相応の価格で買い取ってもらえるので、臨時収入にもつながります。ただし、ピアノの状態が悪くて商品価値が見込めない場合には、回収費用を依頼人が負担して引き取ってもらうことになるので、不要になったピアノは長期間放置せずにすぐに買取業者に買取を依頼することをお勧めします。

弦を調律して使うタイプのアコースティックピアノは、基本的に流行のモデルというものが存在しないので、主に年式の新しさやピアノの状態が重視されます。特に、ピアノは調律やメンテナンスを怠っていると湿気やホコリなどの影響で状態が悪くなり、それに伴いピアノ買取で提示される買取価格も大きく下がってしまいます。また、同じ種類のピアノでもヤマハやカワイなどの人気メーカーの製品は買取価格が高くなる傾向があるので、ピアノ買取の際に業者にアピールしてみるとよいでしょう。一方、電子ピアノをピアノ買取業者に売却するときには、流行やトレンドによって買取価格が下がりやすいので注意が必要です。最近の電子ピアノは進化が著しく、電子機器とは思えないくらいのリアルなピアノの音を再現した機種や録音機能付きでパソコンに接続してそのままインターネット配信ができるものなど多機能の機種が人気となっています。このため、古い電子ピアノは査定を依頼しても値がつかない場合もあるので、電子ピアノは流行遅れになる前に売却することをお勧めします。